マイナンバー導入後はバレる副業とバレない副業があるのをご存知ですか?

スポンサードリンク

そもそも何故今、マイナンバーなのか?

マイナンバーは、社会保障や税金関連、また福祉分野でのいろいろな手続きや公平なお金の徴収などを行なう為に導入されるものです。
082368
これまで個人特定を名前や生年月日などで特定していたのを、今回のマイナンバーは国民一人ひとりに個人番号を符って、それにより即座に個人の特定されることであらゆる手続きや給付など効率的に行えるようにする為に導入されるものです。

しかし、マイナンバーの導入というのも善し悪しです。だいぶ前にもマイナンバーの導入が国会で検討された時期がありましたが、「国民総背番号制」などと揶揄されて断念されるケースもあるくらいで、なかなか難しいものがあります。

いずれにしても、今回はまだ税金関連や社会保障での活用なのですが、まだこれからマイナンバーはいろんな分野で利用が考えられているらしいのです。

スポンサードリンク

マイナンバーによってどんな副業がバレるのか?

ずばり給与でもらう副業がヤバいです。
096574
副業といっても大まかに二つあります。一つはアルバイトとして給料をもらう。

もう一つは自営などで給与ではなく、自分自身でお金を稼いでる人です。

つまり副業でもその副業をおこなっている会社からバイト代などを給料としてもらっている人が発覚しやすいということです。

そもそも、副業をすることで発覚する原因になっているのは住民税の金額なんですね。

つまり、こうです。

普通は副業をしていなければ、あなたの給料から差し引かれている住民税は本業のみの金額なんですね。

ところが、副業(バイトなどで給料をもらっていた場合)をしていれば当然その副業分の住民税が給料から差し引かれるということになる。

その副業分の住民税が加算されているので、本業の会社の担当者はおかしいと感じ、副業を疑うことになる。

結局、それで会社の副業がバレてしまうということなんです、

なぜ、バイトなどが発覚しやすいかというと、

給料所得の場合、副業で働いている会社は支払調書といって一人一人の給料を払った金額をその従業員の住んでいる自治体に報告する場合があるのです。

結局、その自治体はそれによりあなたの本業と副業の住民税を合算した金額が本業の会社も報告されてしまうということになり、副業発覚という事態になるのです。

マイナンバー時代での副業がバレない確定申告の方法。

バイトの副業でも自営の副業でも確定申告をする必要があります。

その時に確定申告用紙のたった一か所にチェックを入れさえすれば。副業をやっていることが本業の会社にはバレません。

それは、確定申告書の右の一番下から一つ上の項目にちょっと文章があって「住民税の徴収方法の選択」というのがあって、その横の枠に上下に分かれていて上の枠に「給与から差引き」と下の枠に「自分で納付」と言うのがありますが、その下の枠に○を入れるだけなのです。

どういうことかと言うと、結局、本業の会社には、合算した住民税の金額は報告しないということなのです。

もちろん、「自分で納付」ということですから、ちゃんと役所には副業分は自分が手続きをして支払いを行なうことは。当然ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ