年賀状の余りが出てしまった!よし換金だー!

スポンサードリンク

年賀状を買いすぎて大量に余りが出てませんか?

あなたのお家にも毎年、年末年始に年賀状を書く習慣があるのなら必ず年賀状の1枚や2枚いやいや10枚単位、もしかしたら100枚単位、それ以上余りをほったらかしにしてあるんじゃないですか?

どうです?

実は私も以前は数十枚単位で残ってました。一年間で残ったんじゃないですよ。

数年分溜めてたんです。

それが机の引き出しに入ったままなってました。

ところが、「そのうち使うだろうな」と思ってほったらかしてたところ、机が閉まらないくらいになってきたんです。

というのが、もらった年賀状も一緒に保管しているものですから引き出しがパンパンになってきたんですね。

まあ、余りの年賀状ともらった年賀状を別々に分けて、保管すればいいと思ってましたがなかなか時間がなくて、ついついほったらかし状態になってたんですね。

スポンサードリンク

余りの年賀状の処分方法を考えてみた。

まあ、余りの年賀状ですから、そんな価値はないだろうと特に考えてませんでした

年賀状と言っても通常通りに使えるんだし、持ってればいつかは投稿用として使う機会が来るだろうくらいに思って保管だけはしておいたんです。

ところが、いざ調べてみると結構あるんですよね。使い道や処分方法が。

まず、オーソドックスな方法として郵便局でなにかと変えてもらう。

調べてみたら、交換できる商品がわかりました。下記です。
1、通常切手
2、くじ引き番号付き郵便はがき(そのハガキの販売期間内のみ)
3、その他のはがき(つまり通常使っているはがき、年賀状じゃないはがき)
4、郵便書簡(はがきの3倍のスペースを持った切手付の封筒兼用の便せん)
5、特定封筒
手数料5円を払えば交換してくれます。

5つほどですね。この中で一般的なのが通常切手と年賀状等とその他のはがきでしょうか?

年賀状の最適な換金方法をこれだ!

ずばり、換金方法とは交換した商品を金券ショップで再度、交換する方法です。

金券ショップでははがきを直接、換金する方法もありますが、この方法はその日のレートによって違いますし、

また失敗はがきも含めた交換であれば、金券ショップではそんな交換サービスはなくて、郵便局のみの交換となりますので、

手間を考えれば、失敗はがきも一緒に出来ますのであえてこちらを紹介しました。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ