大神島は沖縄有数のパワースポット。美しい海、空、星そして魚たちに会いに行こう!

スポンサードリンク

大神島はまさに自然の宝庫。美しい海と空と星々の天然のイルミネーション!

大神島(おおがみしま)は以前は容易には人が入れないようになっていました。
現在の人口も30人足らずでちいさな島です。
それだけに自然は古代からそのままと言っていいくらい残っています。
本州では絶対に味わえない別世界が広がっているといっても過言ではありません。
まさにパワースポットという名にふさわしい神秘の島です。

大神島へのアクセスは定期船のみで

大神島へのアクセスは、人口もごく少なく、観光客も多くありませんので交通機関も近くの宮古島(島尻港)からの日に4~5往復の定期船のみです。
定期船は夏季と冬季によって便数が変わり、
夏季は宮古島からは朝8:30から17:20までの5往復、大神島からは8:00から17:00までの5往復があります。
冬季は宮古島からは朝9:00から16:45までの5往復、大神島からは8:15から17:20までの夏季よりも1往復減って4往復があります。
料金は大人が往復で700円前後こどもは半額です。
(※時間・便数・料金は変更がある場合があります。あらかじめ運行会社に確認して下さい。)

スポンサードリンク

宿泊施設はあるの?

宿泊施設は食堂兼宿泊が一件だけあるようです。
小さな島で人口も少ないので、あまり需要もないのでしょうね。
宮古島から15分程度行ける島ですので、朝から渡って夕方までに戻って宮古島で宿泊というところですね。

公共交通機関はあるの?

公共交通機関はありません。
観光客はほとんど歩きで観光しているみたいです。
神さまの島だから車で回るよりもじっくりと歩いて、この島の魅力も味わえるのではないでしょうか?

レジャーはあるの?

観光としてはガイドさんも用意されています。
それに海を満喫できるシュノーケルも好評のようです。
とにかく行った人はここの自然の素晴らしさに感動しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ