危ない!猫がエンジンルームにいるかも!猫バンバンで追い出せ!

スポンサードリンク

冬の寒い日は猫が車のエンジンルームに潜んでいる場合がある

とくに冬の寒い日の車に乗るときの注意することがあります。

猫がエンジンルームに潜んでいることがあるんです。

何故か?猫は寒い日により暖かいところを求めてきます。

だから、とくに停止間もない車などは暖を取る格好の場所なんですね。

あなたもたまに見かけたことがあると思いますが、車で出かけるときに猫がボンネットの上に乗っていたとか、あるいは猫は居なくてもボンネットに足跡があったなどありますよね。

とくに定住場所を持たない野良猫などは寒い日は、より暖かいところで休みます。

スポンサードリンク

そのままエンジンをかけたら悲惨なことに!

ボンネットの上だったら、いいんですが車の中、それもエンジンルームなんかに入り込んだら自殺行為です。

あの用心深い猫でもわかりません、車のしくみなど分かりようがないのですから、その場所が自分の死に場所なるとは。

いい寝床を見つけたくらいにしか思わないでしょう。

ところがそれが命取りなのです。

なにも知らないあなたが車に乗り込んでイグニッションキーを捻るその瞬間に猫は即死です。

それだけでない。猫は悲惨な姿、いや場合によっては姿もなくなるかもしれません。

それとそれだけはありません。

わかりますよね?エンジンルームの中の状態は想像するだけでもおぞましいものがあります。

ちょっと想像してみて下さい。その状況はこれ以上書けません。

しかも、それをあなたが処理しなければなりません。

これから出かけようという時にこんな悲惨で面倒な出来事はあり得ないでしょう。

だから、ちょっとだけ気を付けて対策を施しましょう。

寒い日にはエンジン始動の前に必ず確認を!

猫の死骸処理、エンジンルームの処理、場合によっては車屋さんへ処理の依頼の連絡、などなど面倒なことになりかねません。

ですから、必ず車の始動の前に確認をしましょう。

この件は日産やJAFなども重要視しており、猫がいるかいないかをボンネットなどを叩いて確認するときのことを「猫バンバン」と名付けて警鐘を鳴らしています。

やり方は簡単です。エンジンルームを叩くんです。開けてみるのがベストですが、毎日やるのも面倒ですからボンネット上から叩いて、猫の気配はないか確かめて下さい。

もし、猫の泣き声や物音がしたら、ボンネットを開けて確認。

これだけで上記のようなリスクを回避できます。

あー、やっとけば良かったー!

猫の命や車修理(場合によってはエンジン載せ換えありかも)など精神的および経済的な負担は馬鹿にできません。

とにかく、周りに野良猫を見かけるようだったら要注意です。猫には損害賠償請求はできません。

気を付けましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ