花粉症の症状を誘発させない生活。花粉症対策!

スポンサードリンク

花粉症の症状は日ごろの生活から防ごう

花粉症の症状が起きる原因は日ごろのちょっとした生活から誘発される場合が多いのではないでしょうか。

外出時や室内、および外から室内へ入るときなどいろいろな場面でもっと注意すれば、花粉症の症状を必要以上に誘発しないで済むかもしれません。

そんな各場面での注意点をそれぞれ確認してみましょう。

外出時での注意点?

出来れば、花粉の飛散が多い時の外出は避けたいところですが、それも出来ない時の注意点です。

基本的なことですが、一番入っては花粉を鼻や口からの侵入を防ぐ対策としてはマスクは必須です。

より、花粉症対策が施してあるマスクを使用しましょう。

また目からの侵入を防ぐメガネ。しかも出来れば通常のメガネよりもより強力な花粉メガネが好ましいですね。

これはフレームと顔の隙間を埋める加工がしてあり、より花粉が目から侵入を防止するものとなっています。
若干、見た目がゴーグルのように見えるので躊躇するかもしれませんが、通常のメガネよりも有効だと思います。
さらに首から直接の侵入を防ぐという意味ではスカーフやマフラーなども有効だと思います。

また、外出時の服装ですが、とくに花粉が付きやすい毛糸やウールのセーターなどは出来るだけ避けましょう。
帰宅時に叩けばある程度はとれるでしょうが、完全にとれるまでには至らないと思われますので避けた方がいいでしょう。
しかし、それでも着用したいと場合には、その上に表面がツルツルした服を着用するようにしましょう。
衣類メーカーでも花粉症用に施してある服も発売しているようなので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

室内ではどんなことに注意する?

室内であれば、特に注意する点はありませんが、知らず知らずに室内へ花粉を招き入れている場合があります。
それは、窓やドアの開け放ちです。さらに掃除や洗濯などで外での作業を行う時も注意が必要です。
これも、自分では気づかずにやっていることもあるかもしれません。

外に出たら必ず服や体に付着しているかもしれない花粉を室内に入る前に叩いたりして取り除いて下さい。

まとめ

室内のところでも書きましたが、知らず知らずに花粉を招き入れている場合もあるかと思います。充分、花粉の取り込み防止を意識して生活を行なっていきましょう。

また、暴飲、防食、または飲酒や喫煙もなるべく控えるようにしましょう。

とにかく、花粉症の症状を誘発しないような細かい気配りをする生活が大切だと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ