有酸素運動と無酸素運動の違いとその種類は?

スポンサードリンク

そもそも有酸素運動と無酸素運動の違いは何?

運動には基本的に有酸素運動と無酸素運動という2種類に分けられます。

その違いは

有酸素運動とは比較的長い時間に軽度の運動を継続的に行い、そのエネルギー源である体の中の体脂肪を燃やす目的の運動です。

したがって、一般的にはダイエットを目的とした運動方法となっています。

長時間の運動で体脂肪を燃やしますので酸素も必要となり、体全体がスリムになります。

脂肪の燃焼や心肺機能の向上さらに持久力向上などに効果があります。

ダイエットが目的での有酸素運動は体全体の体脂肪を減らすようにするわけですから長時間と長期間および継続的に行うことを必要としています。
ちなみに運動を行ないだして20分程度から体脂肪が燃焼しだします。

無酸素運動は比較的短時間で行う運動で主にに筋肉の増強を目的とした運動のこと言います。

したがってほとんど酸素を必要としません。

実際の無酸素運動は瞬間的に息を止め、筋肉を限界までに負荷をかけて結果的に筋肉を増やすことになります。

よって体の形状としては、鍛えた体の場所の筋肉が増えて体全体としては盛り上がったり、へこんだりとメリハリのある体になります。

スポンサードリンク

有酸素運動にはどんなスポーツや運動がある?

具体的なスポーツでは
●ウォーキング 
その名の通り歩くことですね。いつでもどこでも実践出来て一番手軽なスポーツでしょう。ただし、健康増進やダイエットの目的であれば、時間や目標数値などを決めて定期的に継続して実行していきましょう。
●ジョギング
一般的にジョギングは走ることですが、他にランニングという言葉がありますが、ジョギングとランニングの違いはジョギングは比較的軽い感じ、走る速度も一定で遅く、対してランニングはスピードも出して走ることと言えます。
●サイクリング
自転車は有酸素運動でもウォーキングと並んで手軽さでは一番です。しかもサイクリングはウォーキングと違い、足の部分だけではなく体全体の筋肉増強に有効だと言われています。
●水泳
これも体全体を使うスポーツです。それに他のスポーツと違って水の浮力により、少々体に障害があっても取り組めるという効果もあります。
などのスポーツが挙げられます。

無酸素運動にはどんなスポーツや運動がある?

無酸素運動はほとんど短時間で呼吸を止めた状態にして行う運動ですね。

代表的なもので100メートルダッシュやスクワットやダンベルなどです。

おもに筋肉増強目的なので無酸素運動だけというのはあまりありません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ