スマホの充電器の使用感と正しい充電のやり方(これをやらないとしょっちゅう電池を取り換えることになります。)

スポンサードリンク

あなたはスマホの充電器は使ってますか?

便利ですよね~。
私が現在使っているスマホは、3年くらい前に買った古い機種なので、今の機種みたいにあまり充電性能が良くなかった時代のなので一日持ちません。

家のコンセントで満充電しても夕方ころにはもう30%とかに落ちていて
「省電力に切り替え」への有無の表示が出ます。
それに電池量の表示もメモリが半分からちょっと上に来ていても、数字を確認すると40%とかで信用できません。

結局、いつ切れるか分からないので充電器を持ち歩くようなことになったんですね。

充電器の使用時の実際

私の充電器は現在パナソニックのQE-PL-302という一年前くらいに買った物で結構重宝してます。
この充電器はだいたい満充電2回分が充電できると謳ってあったので購入しました。

実際、使い勝手は良く、1回分を満充電しても結構まだ緑色が点灯して余裕があるし(電気がまだ十分あるときは緑色ランプが点灯している。少なくなった場合は橙色のランプが点灯する)
高校生の子供が旅行などで使用した時なども「すごく役に立った~」と話すくらいで結構、家族で重宝してます。

充電器の利点

出かけててもいつスマホの電気が切れてても安心だし、なによりもスマホを使用時に電池量を気にしないで使えることですよね。
youtubeやテレビ、動画系の利用は結構電気を使ってしまうので、めっちゃ充電器の存在はありがたいですね。

まさに手放せないでないですね。

充電の正しいやり方

それから、スマホの充電はあまり頻繁にはやらない方がいいですよ。
ガラケーでもあったと思いますが、スマホやガラケーの電池は充電すればするほど、電池の容量が減っていくんです。
だから、電池がちょっと満充電から消耗したからといって頻繁に充電してたら電池自体が劣化して今度は稼働時間が短くなっていくんです。

だから、スマホや携帯のもっとも正しい充電方法は電池のメモリがもうすぐ電池切れになるなーというくらいのところで、充電を始めるというのが理想です。

その方法でやることによって充電器は長持ちするし、結果費用も掛からないということになるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ