引越しの挨拶時のギフトの定番はなに?そしてその金額は?

スポンサードリンク

引越しとなると、出ていく地域でも、また入居する地域にも気を使いますよね。もう出ていくからどうでもいいやではダメですよ。

引越しで出ていく地域でもこれから入居する地域でも少なくとも向こう三軒両隣というように、向かいの3件とこれからの住居の両横の2軒には挨拶いたしましょう。

お世話になった人にはちゃんと挨拶を交わし、転居することを伝えなければなりません。

世間は広いようで狭いんです。いつどこでまた縁があって付き合うことになるのか分からないですからね。ちゃんと礼儀としてやっておくべきですよね。

また、入居する場所でももちろんある程度の近隣の家を廻って挨拶するべきですね。こちらとしてもどんな人が住んでいるのか?

家族構成は?こどもが多いのか?お年寄りが多いのか?割りと一人暮らしが多いのか?など近隣はどんな環境なのかもわかりますから、これからの暮らし方も判断できるというものです。

引越しの挨拶時は、手ぶらで挨拶というのも、こちらの印象も判断されることになるのですから、なにか簡単なギフトも持っていくようにしましょう。

引越して出ていく場所では、それまで親しく付き合ってたら、気心も知れているでしょうからその人が気に入るようなものが判れば、比較的、邪魔にならないギフトを「お世話になりました」という感謝を込めて渡しましょう。

また、引っ越して入居先する場所へのギフトはすこしでも印象がよくなるように「これから宜しくお願いします」という言葉と気持ちを込めて渡すようにしましょう。

どちらも、あまり高額にならずに通常は500円~1,500円程度が相場のようです。あまり高そうな物だと先方が気を使ってしまいますから抑え目な価格のもを選びましょう。

しかし、引越しする前に家主さんや管理人さんなど、とくにお世話になったり、これからおせわになるような方には若干高めの1,000円~3,000円程度のものがいいのではないでしょうか。

例えば、サランラップ、麺類、お菓子、タオル、石鹸、お茶、入浴剤など日常でも必ず使うものやあったらうれしいものなどが適当ではないでしょうか。

ギフトにはのし紙に「ご挨拶」の言葉を入れて名前を入れて、相手様にしっかり名前を憶えてもらいましょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ