ネット通販の返品が法律改正でどんどんしやすくなるかも……。

スポンサードリンク

ネット通販の返品などに関する法律がより消費者側に改正されるようです。ネット通販

ネット通販でのトラブル、とくに何らかの理由で返品をしたい時があっても、業者によっては応じない場合も結構多いらしいですね。

困ったものですが、安心してください。

それが法改正でより購入者側有利になるらしいのである。

ネット通販は実際のお店よりも商品の様子が分からないだけに返品も多いものです。

ネット通販の利点というのは、自宅でパソコン1台で手軽に欲しい商品の注文が出来ることなんですが、いざ注文するとなるとさまざまな不安が付きまといますよね。

例えば洋服だったら、サイズが合うのか?、色は画像で見た色と実際の商品の色と変わらないのか?

また、汚れていたり、傷が入っているなどの商品が送られてきた場合などは返品に応じてくれるのか?
などなど

実際の商品を見てから購入ということができないだけにトラブルの確率は実店舗で購入するよりも数倍は上がってきますよね。

私も実際にネット通販はたびたび利用していますが、そんな不安は常に持ってます。だから、いくらかでもその不安を取り除くために商品購入はできる限りお店のレビューを見たり、なるべく実店舗を持っている有名なお店で買ったり、また支払いは代金引換でやってたりしています。

まあ。代金引換にしてもすぐに中身を見られないから、絶対安心とは言えないのですが。

これまでにネット通販で購入した商品は書籍やパソコン、ブルーレイレコーダー、育毛剤、洋服、シャンプーなどいろいろなジャンルで結構利用しています。
返品にまでは至ってないのですが、、常に商品の不具合はないのか気になります。

今回の通販の法改正で返品は買主にこんなに有利になる

今回の法改正は「商品の売買の契約に関するもの」ということでネット通販とは限りませんがこれまでのネット通販に関する曖昧だったルールがある程度明確になっているというものです。

それは一言で言って、「買主に著しく不利益な内容は無効になる」ということです。

通常、商品のネット通販で買う場合、必ず「約款」というものでいろいろな場合を想定した約束事が売主と買主の間で交わされるしくみになっていますが、
この「約款」が著しく買主に不利な場合はその内容は無効になるということです。

例えば、「約款」に商品が送られてきて傷や汚れていたなどがあったことが原因で返品を申し出ても受け付けないなどがあったが、その改正では売主に有利な法律は認められないということ。
売主の責任逃れは駄目だということですね。

これまでは「約款」にその旨が書いてあった場合は泣き寝入りするしかなかったわけですが、今回の改正で買主側に有利になったということですね。
考えてみれば当たり前のことなんですが、いままでこんな悪徳業者もいたということなんですね。

これで完全に安心出来るとは言いかねますがよりネット通販もしやすくなるのかなと思います。

※この法律の改正はまだ閣議決定ということだけで、まだ施行がいつになるのかは未定ということをご了解願います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ