メガネ要らずの老眼の画期的な回復トレーニング法とは……

スポンサードリンク

老眼の主な症状とトレーニングによる回復の可能性は?

あなたは今、何歳ですか?

もしも、40歳前半くらいだったらも、すでに老眼の兆しがあるのではないでしょうか。133358

老眼は近くのものがはっきりと見えにくくなる目の症状で、目の老化現象と言われていますから程度の差こそあれ加齢により誰にでも訪れるものなのです。

老眼は目の老化現象ですから体の老化現象と同じようにトレーニングによりある程度は回復できると言われています。

これからその老眼の回復トレーニングについて書いていきたいと思います。

私の老眼初体験は突然やってきました。

現在、私も40歳代はとっくに過ぎておりますから当然、老眼の辛さは知っております。

私の体験から話しますと……

それは突然やって参りました。

朝から新聞をいつものように見ました。
すると「ん?わからない」目の焦点が合わないんですね。文字がボーとしている。141818

新聞に目を近づけたり遠ざけたりしてやっと見えたりしました。

「なんで?」と思いましたが、ハッと気づきました。いまのしぐさは、よく父や母もやってたことを。

「あ、これが老眼だな」 とうとう来たかと思いました。

それ以来、新聞も読みづらい、車に乗ってても標識や看板の文字も判別しにくい。あの高速の大きい文字でさえある程度近寄らなければ、なんと書いてあるのかわからない状態です。

とくに何が辛いかと言えば、ちょっと暗いところで本を読もうとしても、以前はなんの障害もなく読めてたものがなんという文字かさえも分からなくて、文章の前後の意味からこの文字だろうと推測しながら読まなければならないことがしょっちゅうなのです。本好きには辛いです。

スポンサードリンク

老眼の主な原因とその回復トレーニングとは・・・・・・・

何度も言いますが老眼は病気ではなく、目の老化現象です。

具体的には老眼の原因は目の一部の水晶体という凸レンズみたいなものが、通常であれば近くを見るときには厚くなり、遠くを見るときには薄くなったりして見ている物に焦点を合わせてはっきりと見せているのですが、

それが加齢によって上手く作動しないようになって起きる現象ということなんですね。ま、体が加齢によってだんだんと動かなくなるのと同じようなものですよね。085194

だったら、なにか老眼を回復させるトレーニングみたいなものがあるんじゃないかと思って調べてみたんです。

ありました。いくつかあったんですが、

まず、遠近体操法と呼ばれている遠くと近くを交互に何回も見て行うトレーニングです。

つまり、これを繰り返すことによって、働きが悪くなっている水晶体を回復させるというトレーニングですね。わかりやすいですよね。体のトレーニングと同じと考えれば、納得です。

具体的には、ある程度先が見通せる場所で、まず近くになにか棒のようなものを立てて、その棒と先の景色などを交互に何回も見てみること。なんです。

車の運転などで信号待ちで止まっているときなどでも出来そうですよね。(※運転中は絶対に行わないで下さい。)

他にはマジカルアイと言ってある特殊な図用いて老眼の回復を図るものです。

こちらはYouTubeで見つけました。百聞は一見に如かずです。見てみて下さい。売り込みなど一切ありませんのでご安心ください。5分半ほどの動画です。(若干、動画の前に広告が入るかもしれませんが無視してい下さい。)↓↓↓

どうでした?出来ましたか?
私もやってみたんですが、最初出来なかったんですが、画像を見る前に実際にパソコンの横側1メートルくらいの遠くを見て、そのままの焦点で目線を動画に持っていって何回やっていたら出来ました。チャレンジしてみて下さい。

もう一つ動画があります。こちらは老眼をツボの刺激によって回復するという手法です。3分半ほどの動画です。(こちらも若干、動画の前に広告が入るかもしれませんが無視してい下さい。)↓↓↓

これならいつでもどこでも出来そうですね。

以上、老眼の回復トレーニング方法でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ