トイレが流れない、私はこんな方法で解決しました!

スポンサードリンク

「トイレの水が流れない」

妻がトイレで叫んでいる。12月31日でした。そうです。大晦日です。

うちも明日の新年を迎える為に世間様と同じように大掃除をやっておりました。

「よりにもよってこんな時に」と思いました。しかし、そうも言ってもいられません。

なんとか直さなければいけません。というのが元旦には新年会が待っているんです。と言っても最初は危機感はそうでもなかったんです。すぐ直るだろうとタカをくくっておりました。

以前も何回かトイレが流れないことがあっても、作業を数10分すれば済んでおりましたので、軽い気持ちで対処しておりました。

ところが、

いつものようにあの「トイレスッポン」でスッポンスッポンとやっておりましたけどなかなか流れない。

はて、考えて見るになにかトイレの排水溝に異物でも入り込んだんだろうか?とも思いましたが、家族に聞いても誰も入れてないとの返答。

こんなことでウソを言っているとも思えず続けておりました。便器にはいっぱいの水があふれんばかりのままで、なかなかうんともすんとも言わない。

もうかれこれ1時間くらい経ったあたりから次第に明日のことが気になり始めました。

 

ど~します?あなたなら。

 

大晦日ですから、業者も来てくれないでしょ。

よく、業者でいつでも駆けつけます、とかいってシールみたいなものを置いていく会社もありますが、以前、他のことでそんな業者に頼んだら、法外な金額を請求されたので、そんな業者にははじめから頭にありませんでした。

だから、どうしよもなくて黙々と同じ作業を続けるしかなかったんです。

”スッポン” ”スッポン” のタイミングを変えたり、便器の排水溝の穴の当て方を変えたりや、他にはインターネットで調べて重層やお湯などがいいと書いてあったので試したり、とにかく手近で出来ることはほとんど試したりしていました。何回も何回もやってみました。同~じ作業の繰り返しで流れない。

(でも、私自身今回の場合、重層やお湯はあまり有効じゃなかったような気がします。)

すると、どうでしょう。時間にして作業を始めてから3時間程度でしょうか。若干、改善の兆しが・・・・。

おなじ作業なんですが、やっているうちに徐々に水が引いていくんです。

お、引いてると思いましたが、しかし水は引いてしまうんですが、改めて水を流すコック引いてみても、水は排水溝に流れないで同じようにまた溜まっていくんです。

そして、また繰り返しになるんですが、そのうち徐々にではありますが水の流れ方(排水溝への水が流れていく)が早くなっていっああたんですね。

そうなったら勇気百倍です。どんどん作業を続けていきました。

 

そして、ついにその時が・・・

 

最後の作業で”スッポン” ”スッポン” といつものようにやっていたところ、突然ゴーという音とともに水が引いていったんです。

「やったー!」

ついに抜けた、開通です。

達成感と、作業から解放されるのと、これで正月を迎えられるという安ど感が喜びがいっぱいになりました。

計4~5時間程度だったと思います。やっと開通しました。

その時ほどトイレに水が流れることが嬉しいことはなかったですね。

やはりトイレが流れない場合の対処法は根気が大事です。排水溝の仕組みは単純なんですから、異物が入ってないという確証と時間的に余裕があるのであれば根気よく作業をしてればきっと自力で直せると思いました。

もし、あなたがトイレの水が流れないで同じような場面に遭遇しているのであれば、やってみて下さい。

これは実話です。

ちなみに、私の家のトイレは設置が1999年のウォシュレットです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ