衝撃的なジャニーズ側による民放各局への圧力疑惑?厳重注意!

2019年7月18日に衝撃的な報道が飛び込んできた。

ジャニーズ事務所が元SMAPメンバーである香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎が作る「新しい地図」の各民放への出演を控えるよう圧力があった疑惑があるとして、公正取引委員会により独占禁止法に抵触している可能性で調査をしているというものでありましたね。
固たる違反行
このニュースによると、調査結果では確固たる圧力は確認出来なかったとしたが、公取委からはジャニーズ事務所への厳重注意を行なったということでした。

また、これに対してジャニーズ事務所側のコメントとしては「テレビ局に圧力などをかけた事実はなく、独禁法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものではない。とはいえ、このような調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したい」と発表しました。

だったら、「新しい地図」は地上波に何故出ない?

その原因はこう読み解くことが出来る。
それは民放各局による「忖度」です。

「忖度」とは、「人の意図や感情をきちんと察したり、予測したりする事。」ということ。

つまりこの場合、民放側がジャニーズ事務所に忖度して香取、草彅、稲垣の三人に対して、「あの三人を番組に出したらまずいじゃないか?」とか、「もしあの三人を出演させたら、他のジャニーズ事務所のタレントを出してくれないんじゃないか?」などということで、この三人を出演を控えていたのではないかという事が考えられます。

実際、その「新しい地図」のメンバーがまだジャニーズ事務所に所属していた頃に、各メンバーそれぞれのレギュラー番組があったのが、ジャニーズ事務所を辞めた途端にほぼすべてがなくなりましたよね。
それ以来、この三人は地上波ではレギュラーはおろか単発でもほとんど見なくなってしまいました。(CMには出てましたが・・・)

これは偶然としては不自然であり、何らかの作用が働いたと考えるのが妥当ですよね。
それがもし、ジャニーズ事務所からの圧力が本当になかったとすれば、やはり民放側の「忖度」としか考えられません。

これから「新しい地図」が地上波にも出てくる可能性大!

もし、これが実際にジャニーズ事務所からのはっきりとした圧力がなかったとして、単なる忖度だったら、地上波への復帰の可能性が大いにあると考えます。
事実、ネットニュースではこんなことが書いてありました。

先の報道により放送関係者は「逆にテレビ局は忖度をしなくてもいいというお墨付きを得たようなもの。テレビ局のジャニーズ離れが加速するのではないか」(夕刊フジZakzak7月18日付より)と書いてました。

またこんなことも書いてありました。

テレビ局側の危機感について書いてあり、このところの番組では男性タレントと言えばジャニーズ一辺倒で独自性がなくなっているというのです。
これでは、早晩テレビは飽きられて、一連の圧力関連の報道があったことで、そろそろ「これを機にジャニーズに限らず、芸能事務所への忖度はしなくなる方向に向かうだろう」(夕刊フジZakzak7月18日付より)というものです。

ということは、一連の「新しい地図」の番組への出演がない原因が、民放による忖度のみだとしたら、後は民放の判断次第ということですから、結果的に「新しい地図」の復帰というのは現実味を帯びてくるのではないでしょうか?

まとめ

芸能界は恐ろしいところですねー。
芸能界に入らなくて良かったー!
以上